株のやり方を知る前に…

投資といえば株式投資がすぐに思い浮かぶ様に最近は株式投資をしている人が増えてきましたよね。

株式投資なんて素人には無理と思う人が多かったと思いますが、最近ではちょっとしたお小遣い稼ぎに株式投資をする人が増えてきたりして、株で儲けたなんて話を聞くと、ちょっと自分もやってみたいなと思う人が増えてきているのではないでしょうか?そんな株式投資ですがやり方などを説くサイトや雑誌などが増えてきていますが、でも株式投資のやり方の前にまずは株式投資とはどんなことかを知っておくことが大事なことです。

株というのは、株式会社が持っているもので、その会社に魅力を感じた投資家たちに株を購入してもらうことで、会社の運営資金とするものです。

株の価格はその会社の経営状態に繁栄し、経営状態が良ければ、株の価格は上がる、反対に経営が悪化すれば、株の価格は下がるということになります。

会社の業績があがれば、その利益を分配するということもあります。

ですから、株式投資をしている投資家にとっては、株を購入した会社がしっかり経営をして、業績を上げて欲しいと願っているということです。

株がどんな風に売買されているのかといえば、それは毎日のニュースなどでも流れますが、株式市場で行われます。

日本で最も大きな株式市場といえば東京証券取引所で、この証券取引所は一部二部と別れています。

その他にも六つの証券取引所があります。

すべての株式会社の株が売買できるのかといえば、そういう訳ではなく、株取引のできる株式会社は上場基準という基準を通過している会社だけになっています。